スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

スクラバーとはどのような役割を担っているのか

工場などを稼働させるにあたって、排ガスや臭気の問題はクリアしなければならない重要な問題と言えます。そのために導入されるのがスクラバーという排ガス処理機器です。スクラバーには水や薬液でガスをきれいにする「湿式」と、脱臭炭やフィルターの吸着剤によって臭気などを除去する「乾式」があります。すでに多くの企業やメーカーがこのスクラバーを導入しており、脱臭が出来るというメリットから飲食店チェーンにも導入されているという実績があるのです。

もちろん自動車工場や化学工場の廃液のろ過や、研究施設の排水の洗浄なども行っています。排出されるガスや汚染物質によって、「湿式」か「乾式」を選択することが可能です。カートリッジを交換することで、複数の種類のガスに対応出来るのもポイントと言えるでしょう。従来のスクラバーには問題点がありました。

それは主に経費の面です。電気代がかかることや、機器そのものの清掃代金はユーザーの頭を悩ませていました。しかし現在はこうした面をクリア出来るスクラバーが開発されています。たとえば、「湿式」であれば排ガス処理の水を循環水とすることで、より大きく内部の攪拌を行うようにしました。

こうすることで以前よりも格段に排ガス処理量を大きくすることが出来るため、コストを圧縮に繋がります。技術が向上した結果、機器自体もコンパクトな設計が可能となりました。場所を取らず、ランニングコスト自体が圧縮され非常に便利になっています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です