スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

排ガスの種類によって処理が方法が違うスクラバー

皆さんスクラバーをご存知でしょうか。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、排ガスや有害ガスなどを吸着、薬液中和や水洗浄などで処理をして、大気に放出できるようにするための装置の事をいいます。排ガス処理装置や洗浄塔システムとも呼ばれていて、乾式と湿式の2種類があります。大気に工場の粉塵や有機溶剤が放出されると、近隣住民の健康被害が発生する可能性となり危険ですし、苦情の原因にもなりますので注意が必要となります。

このような臭気物質や排ガスの処理に大変有効な装置となりますが、排出されるガスの種類によって、適切なスクラバーを設置することが非常に重要です。では、どのような種類の排ガスにはどのスクラバーが処理できるのか、次に説明いたします。粉塵が混じっている排ガスやレジンがふくまれるアンモニアなどの臭気物質を発する鋳造工場では、100%気液接触を実現したスクラバーが最適です。この処理によって、強い臭気物質が大気に放出され、環境や人体に悪影響を及ぼすことを防ぐことができます。

ゴム製品を製造する工場では、製造工程の中で粉塵や有機溶剤が混ざったガスによって、悪臭を発生させ、近隣住民からの苦情が発生する場合もあります。このような状態を抑えるには、100%気液接触を実現したスクラバーが、水の膜で粉塵と臭気物をキャッチするのです。こうした工場によって異なる臭気物質や排ガスの処理には、適した処理が必要となるのです。スクラバーのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です