スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

水を利用したスクラバーのメリットとデメリット

スクラバーの中でも水を利用して有害物質を除去するタイプのものは、非常に除去効率が高く、また様々な物質に対して適用をすることができると注目されています。実際に工場などで発生する排気ガスの中には様々な不純物が含まれていることが多く、有害と分かっているものではなくても大気中に放出されることで様々な悪影響を及ぼしてしまうものもあるため、できるだけきれいな状態で放出をしたいと考える企業が少なくありません。このような企業にとっては水を利用したスクラバーは非常に高い性能を発揮することができるのがメリットであるほか、その効果だけではなく企業イメージを高める上でも非常に有効なものとなっているのが実態です。しかしこのタイプのスクラバーにはデメリットもいくつかあり、その中でも大きいのが設備が複雑になることと利用する水の循環経路を確保しなければならないことです。

一般的なフィルター型のスクラバーでは定期的にフィルターを交換しなければならないのですが、水を利用するタイプの場合にはフィルターを利用しない代わりに汚れた水をきれいにするために循環して洗浄を行う仕組みが必要となります。そのためその設備が非常に大規模なものとなり、さらに金銭的にも大きな負担となってしまうことが少なくありません。このタイプのスクラバーは非常に高い効果があるため、比較的規模の大きな工場なのでは効果的に利用されています。しかし、デメリットも存在しているのでこの点を意識した上で、導入の検討を行うことが重要です。

スクラバーのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です