スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

暮らしを守るスクラバー

皆さんは、「スクラバー」をご存知でしょうか。ぱっと聞いて思い当たる人は、お仕事で身近だったりそういった知識を持つ人ではないでしょうか。スクラバーというのは、工場などから出る排ガスから、粉塵や汚染物質などを除去する排ガス処理装置のことを言います。塔のように細長い形状であることが多いため、洗浄塔といった別名もあります。

主に、化学工場や食品工場などから出た処理ガスや、排ガスなどには生活を脅かす、臭気物質や汚染物質、有毒ガスが含まれていることが多いです。その汚染物質たちをそのまま外部に放出することは出来ません。悪臭や汚染物質で工場近隣の住民の皆様に迷惑をかけてしまうのはもちろん、大気汚染にもつながります。そこで、スクラバーを導入すれば排ガスを処理し、そういった問題を防ぐことが出来るのです。

また、スクラバーには温式洗浄塔と乾式洗浄塔と呼ばれる2種類の装置があります。2つの仕組みの違いは、温式洗浄塔は水や薬液を噴射し、そこへ排ガスを通すことにより汚染物質を除去します。乾式洗浄塔は、高い吸着性のある活性炭やフィルターなどを使い、そこへ排ガスを通過させて処理します。もちろんですが、どちらにもメリットデメリットがあるのでその工場にあった装置を選ぶことが大切です。

近年、環境問題が各地で騒がれていますが、工場や実験施設をなくすことは出来ないのでスクラバーを使い環境問題に対応しつつ暮らしを守っていきたいですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です