スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

スクラバーの役割について

一昔前までは、日本は大気汚染で大変な状況でした。工業地帯などではその状況はひどく、世界的にも悪い意味で注目されていました。このようなことから、環境問題を良くするために様々なことが行われるようになってきました。環境問題というものについては、いくつかの原因で発生しました。

まず一番最初に挙げられるものとしては、有毒な液体により起きるものです。有毒な液体が土中に混じりこむことによって農作物などが汚染され、それを人間が食べると健康被害を受けるというものです。鉱毒などの問題というのは、その端的な例です。私たちの健康に大きな影響がある、その他のものとして挙げられる事に大気汚染があります。

大気汚染については、現在でもPM2.5などの問題が知られています。このような環境問題は、以前の日本では多くの工場などの排気ガスにより引き起こされていました。現在では法律の規制が厳しくなったことにより、工場などの排気ガスによる大気汚染はほとんどありません。これは自然とそうなったというわけではなく、色々な技術が革新されたことで成し得た訳です。

大気汚染を防ぐ装置としてスクラバーというものがあります。スクラバーというのは、工場の排気ガスの中から有害物質などを取り除く装置です。スクラバーでは、排気ガス中の有害物質を、吸着したり洗浄して有害物質を液体の中に移し込んだりして、排気ガスの浄化を行います。スクラバーがあることによって、工場では操業を続けていくことができる訳です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です