スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

有害ガスを取り除き地球環境保全に貢献するスクラバー

工場や研究施設には必ずスクラバーと呼ばれる装置があり、研究や製品の製造過程において発生する有毒ガスを浄化させて、外部に排出しています。もしこの装置がないと有害ガスが外部に放出されて周りに住んでいる人たちの健康を害したり、悪臭の発生により周りの人々に迷惑をかけます。施設内で業務に従事している方の健康も害し、何より地球環境の悪化に繋がります。スクラバーは多くの人の健康と環境悪化の防止のためになきてはならない装置です。

この装置を製作販売している会社には、排出される有害物に応じた装置を開発して販売しています。スクラバーは大きく分けると乾式と湿式があり、乾式は有機溶剤などを使用する工場に向いています。この装置の仕組みは特殊なフィルターを使って排出される空気に含まれる有害物を取り除きます。フィルターは4層になっていて、最初のフィルターで取り除けなかったものを次のフィルターが捕まえ、さらに取り除けなかったものを次のフィルターが捕まえます。

湿式は最近の主流となっている方式のもので、名前の通り水を利用しています。特殊なフィルター内に水を循環させて、水の膜を通過する空気の中に含まれる有害物を捕まえます。水を循環させるだけなので、フィルターを洗浄したり、汚れて交換するなどの手間がなく、少ないランニングコストで稼働が可能です。最近は循環する水にオゾンなどの殺菌効果のある無害な成分を含ませているものもあり、進化して性能がアップしている装置もあります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です