スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

スクラバーは大気汚染を防止する装置です

スクラバーは大気汚染を止める装置であることから、洗浄塔システムと呼ばれることもあります。環境問題が大きく取り沙汰され、CO2の削減が叫ばれている中で、必要とされている装置の一つです。化学実験室や化学工場、メーカーの製造工場で行っているメッキ工程・酸洗浄・溶剤洗浄や、塗装などの作業工程中に使用する酸やアルカリなどの薬品よって発生する、臭気物質や汚染物質・有害ガスを取り除き大気に放出する装置です。スクラバーには種類があり、排出される有毒物質によって設置する装置も異なります。

排出されるガスが水に溶けにくい物質や臭気ガスなどの場合には、活性炭などの吸着剤フィルターを使用する乾式スクラバーを用いて、有害物質を吸着させることで汚染物質を処理していきます。乾式では処理したいガスの種類によって、酸性ガス用・中性ガス用・塩基性ガス用など、フィルターを選択することが可能です。汚染物質がフィルターに溜まると排出ガスの処理能力が低下するので、定期的にフィルターを交換する必要があります。湿式スクラバーでは下から有毒ガスを送り込み、上から水を噴霧下降し汚染物質を水に溶け込ませて、洗い流すことで有毒ガスを浄化する物理吸収方法と、水だけでは取り除けない物質では、水とアルカリ性水溶液を用いて中和反応によって取り除いていく方法と、酸化剤を注入して化学反応によって分解して取り除く化学吸収方法があります。

どの方法でも無害にすることで大気に排出が可能になります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です