スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

様々な場所で活躍するスクラバーについて

スクラバーには湿式と乾式の2種類があり構造が異なりますが、いずれもガスに含まれる有害物質を除去する機能を備えています。工場や実験室、飲食店などを運営するためにはガスを適切に処理した上で大気中に排出しないと周辺住民との間でトラブルになる可能性があります。スクラバーは基本的に筒状なので洗浄塔とも呼ばれており、もともとは潜水艦の二酸化炭素を除去するために19世紀に作られました。現代では工場や実験室、飲食店など様々な場所にスクラバーが導入されており大気汚染を防止するのに役立っています。

湿式のスクラバーは水や薬液を使用し、ガスを気液接触させたり吸着剤に通すことで有害物質を除去します。乾式は活性炭などを吸着剤として利用し、ガスをフィルターに通して有害物質を取り除きます。湿式は有害物質を洗い流す構造になっていますが、乾式はフィルターに溜まるので定期的な交換が必要になります。工場などで発生するガスには酸性や中性、アルカリ性と性質の異なるものが存在します。

乾式にはガスの性質に応じたフィルターが用意されているので、使い分けて効率的に有害物質を除去できるというメリットがあります。また乾式は使い続けるとフィルターに有害物質が蓄積されますが、カートリッジ式のものを選べば簡単に交換できます。工場などを運営するためには発生したガスを適切に処理しなければならないため、現代では様々な場所でスクラバーが活躍しています。湿式と乾式はいずれも有害物質を除去できますが使い勝手が異なるので、状況や使用環境に応じて最適なものを選びます。

スクラバーのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です