スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

様々な工場で必要とされるスクラバーとは

スクラバーは基本的に細長い筒のような形なので洗浄塔とも呼ばれており、工場などで発生するガスから有害物質を除去します。化学薬品や食品などを製造する工場では有害物質を含むガスが発生することがあり、そのまま排出するとスタッフや周辺住民に健康被害を引き起こす可能性があります。スクラバーには湿式と乾式の2種類がありますが、いずれもガスから有害物質を除去して安全な状態にしてから外部に排出することができます。工場などで発生するガスを適切に処理した上で外部に排出すれば、周辺住民との間でトラブルに発展するのを未然に防げます。

スクラバーが最初に開発されたの19世紀で潜水艦の二酸化炭素を除去するのが目的でしたが、現在でも同じ技術が使用されています。現在では流体を使ってガスを洗浄する装置だけでなく、反応剤やスラリーを注入するシステムにも洗浄塔という名称が使われるようになりました。スクラバーは主に酸性のガスから有害物質を除去するのに使われていますが、煙道ガス凝縮によって熱回収に使うことも可能です。湿式は水や薬剤を噴射しているところにガスを通して有害物質を除去し、乾式は吸着性が優れた活性炭などのフィルターにガスを通して綺麗にします。

乾式のスクラバーにはフィルターがカートリッジ式になっているものがあり、簡単に交換できるため人気です。また酸性や中性、アルカリ性とガスの性質に応じてフィルターを選べるので効果的に有害物質を除去できます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です