スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

水を利用したスクラバーのメリット

スクラバーは、排出ガスの中の有害物質を取り除くために様々なフィルターを利用しているケースが少なくありません。有害物質の種類によってその分子の大きさが異なるため、その大きさに合わせてスクラバーのフィルターの細かさを変えることにより除去できる物質の種類を変えることができますが、その反面粒子の大きさに依存するためにすべての有害物質を除去することができなかったり、本来排出可能な清浄な空気を排出することができなかったりといった問題が発生することもあります。そのため、特に有害物質の粒子が非常に細かな場合にはその対策を行うことが非常に難しく、様々な二次処理を行わなければならないことも少なくありませんでした。これは企業の負担が大きくなるばかりでなく、様々な有害物質の排出効率を低下させることにもなるため、その対応に苦慮している企業も少なくありません。

最近のスクラバーの中にはフィルターではなく水を利用して効果的に有害物質を除去する仕組みのものが登場しており、これがさまざまな方面から高く評価されています。水を利用して有害物質を水の分子の中に取り込むことで、効果的に除去することができるほかこの有害物質を含んだ水を別の場所で個別に水処理技術を用いて清浄化することで、様々な用途に利用することが出来るのもメリットです。工場内では冷却水等その他の用途でも水を使う機会が多く、これらを効率的に連携させることでスクラバーの機能とその他の機能を連携させ効率的な利用をすることができます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です