スクラバー, 暮らし, 生活/暮らし

適切なタイプのスクラバーを使うことが大切です

様々な工場では粉塵や有害ガスなどが発生するため、スクラバーを使って綺麗な状態にしてから外部に排出しなければなりません。鋳造工場では粉塵が混じったガスや、レジンが含まれているアンモニアなど強い臭いのある物質が発生します。粉塵が混じったままのガスが人体に入ると、肺や気管に達して呼吸器に悪影響を及ぼす可能性があるので注意しなければなりません。強い臭いのある物質も大気中に排出されると環境汚染の原因となり、人体にも悪影響を及ぼします。

スクラバーには湿式と乾式の2種類がありますが、前者は水や薬液にガスを通して有害物質を洗い流すことができます。後者は活性炭など吸着性の優れた物質をフィルターにして有害物質を除去しますが、一定期間にわたって使い続けると有害物質が溜まるのでフィルターの交換が必要です。高い精度で気液接触を行う湿式のスクラバーならば、鋳造工場で発生する粉塵や強い臭気のある物質を確実に除去できます。乾式のスクラバーにはガスの性質に応じて酸性用とアルカリ性用、中性用があり使い分けることができます。

食品工場などで様々な性質のガスが発生する場合には乾式を使うと効果的です。このタイプにはカートリッジ式のフィルターを使っているものがあり、汚れが溜まっても簡単に交換できます。現代社会では様々な産業の現場において有害物質を含むガスが発生しており、清浄化するためにスクラバーが必要とされています。湿式と乾式にはそれぞれ異なる特徴があるので、ガスの性質や使用環境などに応じて使い分けると効果的に有害物質を除去できます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です