• 無線Wifiルーターの設置方法とは

    自宅などにインターネット回線を設置してスマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器で接続をする場合には、無線LAN(Wifi)ルーターを設置しなければなりません。
    光回線の基本サービスはLANケーブルで接続をするためのルーターしか利用できないので、自前で無線ルーターを購入して設置する必要があります。
    これに対して据え置き型またはモバイルWifiサービスであれば、すぐに無線LAN接続が利用できます。


    光回線などの有線接続サービスを利用している場合には、短いLANケーブルでルーターとブリッジモードに切り替えたWifi親機を接続します。据え置き型のWifi接続サービスを利用する場合には、コンセントに接続するだけですぐにインターネットを利用することが可能です。



    据え置き型のWifiルーターはLANケーブル用のソケットも備えているので、スイッチングハブを利用すればデスクトップパソコンやテレビなどでもインターネットに接続することが可能です。



    据え置き型の無線ルーターは電源があれば作動しますが、契約した建物内でしか利用することができません。



    モバイルルーターの場合はUSBケーブルを利用して本体の充電をしてから、スイッチをONにすればインターネットに接続することができます。モバイルルーターは据え置き型のルーターよりも月額料金が高くなりますが、利用可能エリア内であれば自由に移動してインターネットに接続することが可能です。